アジサイの綺麗な花を咲かせたい人は環境に気を配る

実は小さいアジサイの花

温かい季節になると、そろそろアジサイが開花する時です。あまり知られていませんが、アジサイの花の部分はガクと呼ばれる部分で花だと思われていた部分は装飾花になります。花の部分を画像で見ると、結構小さいので驚きです。

花を長持ちさせる

ブルーベリー

土の配分は大切

元々アジサイは、植物の中でも強い方なので栄養が含まれていない土でも問題なく育てることができます。しかし、土に気を遣わないと花を咲かせることができなくなるため、土の配合は行なうべきです。オススメは赤玉土を6、鹿沼土3、ピートモスを1が理想的でこの配分にするとアジサイがのびのびと育つ環境になります。

鉢を選ぼう

花を咲かせるためには株が太くて大きいかが重要になります。横に広がるように根を張る低木は初心者にも育てやすく沢山の花を咲かせるほど元気です。逆に水切れが悪い植木だとすぐに枯れてしまうため、素焼き鉢は避けたほうが無難です。

肥料に気を配る

比較的育てやすいアジサイでも、綺麗な花を咲かせるためには数多くの栄養素が含まれる肥料がないといけません。アジサイは、花の時期を終えた後夏から秋にかけて新しい芽をつけます。株もこの頃にたくましく成長するでしょう。成長期に合わせて肥料を与えると立派な花を咲かせることができるため、中々咲かないと悩んでいる場合は肥料の見直しをしてみましょう。

広告募集中